座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

占い師にでも見てもらおうか?

いつもはそうは思わないけれど、帰省直後の休日は孤独感が強くなる。俺は独りで何をしているのか?何をしようとしているのか?と。

思えば東京に来て7年。前半の4年は会社の寮だったので孤独感はそんなになかった。3年前寮を出て全く知らない土地に単身やって来た。それでも当時はSNS全盛で、前の会社の仲間や田舎の友達ともつながっている感じがしていた。「これで寂しくない!」小学校の同級生までつながっていた。これからどんな時代になるのか?凄いな!と思っていた。

 

それが最近は、その勢いが衰え、記事を投稿する人も一部の人のみになって来た。自分もほとんど投稿しなくなっている。SNS以前の時代に戻っている気がする。ブログ(前やってるやつね)を書いていても面白く無い。

飲み会の数も減った。帰省時に飲みに行く友達との会話も合わなくなった。メールやLINEでやりとりする女の子もほとんど居なくなった。皆、少しずつ変化していっている。それぞれの生活を生きているのだろう。自分は止まっているのか?後ろを見ているのか?寂しい。

 

何か新しいことを初めて新しい仲間を作ってと思うけれど中々動けない。歳をとると経験則が邪魔をしているのか昔より腰が重くなっている。テニスもな~。今年からMatchi.comをやってるけれど登録しているだけでやる気がしない。婚活イベントも1年半は行っていない。休日はテレビを見ているだけ。ネットサーフィンしているだけ。ただただ歳を重ねるだけ。結婚して子供作って親孝行しなければと思うけれど何からしたものか?行き詰っている。このまま東京に居るのか?この仕事でやっていけるのか?どうしたものか?自分がどうしたものか?

 

占い師にでも見てもらおうか?44歳おじさんがそんなことを考えている。

 

 

地方都市で転職シミュレーション

f:id:hironew080326:20170429215451j:image

知らない街を歩くのは面白いけれど、直ぐに覚えちゃうね。縁もゆかりも無い地方都市へ行くのは寂しかもな。転職シミュレーション。

都合のイイ待ち人間になってない?

この会社に来て、まず役に立てるのが嬉しかった。スキルが無い自分でもせめてもと。

7年。何だか都合のイイ待ち人間になってないか?

 

自分は何がしたいのか、どうなりたいのか。再考の時期。

 

新期の会議に出て

すきま時間にブログを更新。

 

昨日は久々に本部の会議に出席した。

4月から新しい体制となり本部の人が代わっている。会議室に行く前にあいさつが必要だ。44にもなって「やだな~」と思っている自分。

 

若いころは、歳を重ねると色々こなせる大人に自動的に成れると思っていたが、この歳になると、そうでもないと思えるようになった。各々の自己鍛錬や経験が必要なのだ。どう歳を重ねていくが大切なんだなぁ。まあ自己嫌悪は「敵」なので、あまり考えない様にしよ。結局あいさつはしなくて済んだ。

 

会議も何とか乗り越えた。(今後色々フォローが厳しくなりそうだが)

会社変わって8年目になるけれど馴染むのは難しいね。これもこれで仕方ないけれどな。

 

ビルを出てホッ。どこかに飲みに行きたい気分だったが「今から飲みに行く?」と誘う人が居ない。

改めて「孤独だな~」と感じた。

 

こちらも何かしていかないと作られないものだな。

確かに頭がスッキリする本

 

 はてなブックマークで高評価だったので購入してみた。

読むと、いつの間にか頭がスッキリしている。すばらしい本だ。2017年3月で第15刷発行(2015年7月第1刷発行)が良書であることを物語ってる。

 

このブログの記事からも分かるように、自分は何かと悩みが多い中年である。落ち込むと啓もう書とか自己啓発本を買って乗り越えようとしている。何冊も買って読んでいるはずなんだがいつもモヤモヤ。夢を持って生きろとか、こういう行動で人生を切り開けとか、書いていることは分かるのだけれど、どこかしっくり入ってこないことが多い。

そんな中、この本を購入。「なるほど~」とすーっと心に入ってくる言葉が多かった。

 

この本の面白いところはアプローチの方向かな。「悩み」に対してどう行動するかという外に向かうのではなく、その時どう感じているか?という内(心の反応)に焦点をむけているところ。

そもそも「人生には悩み(苦しみ)がある」ということを前提として受け入れ、そこから自分がどう反応しているか?というところに焦点を当てている。自分の心の反応を客観的に見ていくことで心を鎮め、「ムダな反応」をしないように気持ちをコントロールしていく流れ。

 

それらをブッダの教えから説いている。といっても宗教色はあまり無く、どちらかというとカラダを意識した科学的な感じが強い。(マインドフルネス)

 

良く知られるが人間は「七つの欲求」で突き動かされており、それらを求め続ける「満たされない心」が常にある。この心の状態をきちんと見ることで「ムダな反応」から抜け出す。

自分は寝る前に日記を書いている。思い返すと、よく最後に「このままでは駄目だ」と書いていた。何度も書いてるもんな~。進歩しねーなと自分に嫌気が指していたが、そもそも心は、そういうものなんだろう(満たされない心)ということが分かって嬉しい。

もう一つのそもそもそういうものなんだろうは世の中。

米国はシリアにミサイルを発射するし、アベノミクスは成功しているのか分からないし、年金がもらえるのか分からないし、地震で死ぬかもしれないし、職場で嫌な人と一緒になるかもしれないし、一生孤独かもしれないし・・・。人が生きていくうえで、問題が無かった時代なんてなかったんだろう。世の中そういうもんなんだろうなとも思えた。そんな先行きが見えない中、人は結婚して家を建てて子供を育てて仕事をしているんだろうな。皆そんな中で頑張っているのだ。

 

自分は「ムダな反応」が多く不安で何もできなかった。そこを気付かされた。

 

ここからは、そもそもそういうものなんだろうという心をそもそもそういうものなんだろうという世の中で、どううまくコントロールしていくかだろうな。 

 

 悩みはまだそこにあるのだけれど頭はスッキリしている。この本の効果だ。ありがとうございました。

 

動け動け

悲観主義は感情で、楽観主義は意志の力による。アラン幸福論より

やはり、人間動いてなんぼなんだな。この言葉を思い出せ。

送別会の想いには違いがある

昔の上司が異動になるので送別会に参加した。なんだかぎこちなかったか?贈る言葉も気持ちが入らなかったか。昨年はもっと想いが有ったと思う。やっぱその人との関係性かな?その感じが正しいのだ。自然体が一番ね。