座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

現場主義者の暖かさ

 

強く生きたいあなたへ (WAVEポケット・シリーズ)

強く生きたいあなたへ (WAVEポケット・シリーズ)

 

今年最初に読んだ本。

中小企業研究者の著者が、長年にわたり関わってきた中小企業の経営者や従業員から得た生き方を語った内容。

 読んでいて何度か涙が出てきた。

 

日本には「利益追求」以上に「社員の幸福」や「社会貢献」を第一としてたくましく経営を続けている企業がたくさん在ることを知って驚いた。(他の著書「日本でいちばん大切にしたい会社」ての耳にしたことあるな)

やっぱり大切なのは「知識」なんだな。

むやみに不毛な価格競争をするのではなく、自社の強みを考え、設備投資を行い、特定の大企業に依存しない経営が会社を強くする。とあった。

 

「強く生きる」とは「本物」になること。

 

特に印象に残ったのは「正しいことをするには、地位を高める必要がある」といったところ。上司から理不尽なコストカットを支持されて下請けにどう対応したらよいか?と悩む若者に対し、今上司に反旗を翻し得する人が居るのか?今は耐え「力を付けてから改善しよう」というアドバイスに色々な経験をした人が言えるリアリティな言葉だなぁと思えた。

 

やはり社会人は新聞を読まないといけないらしい・・・。そうだよな~