座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

確かに頭がスッキリする本

 

 はてなブックマークで高評価だったので購入してみた。

読むと、いつの間にか頭がスッキリしている。すばらしい本だ。2017年3月で第15刷発行(2015年7月第1刷発行)が良書であることを物語ってる。

 

このブログの記事からも分かるように、自分は何かと悩みが多い中年である。落ち込むと啓もう書とか自己啓発本を買って乗り越えようとしている。何冊も買って読んでいるはずなんだがいつもモヤモヤ。夢を持って生きろとか、こういう行動で人生を切り開けとか、書いていることは分かるのだけれど、どこかしっくり入ってこないことが多い。

そんな中、この本を購入。「なるほど~」とすーっと心に入ってくる言葉が多かった。

 

この本の面白いところはアプローチの方向かな。「悩み」に対してどう行動するかという外に向かうのではなく、その時どう感じているか?という内(心の反応)に焦点をむけているところ。

そもそも「人生には悩み(苦しみ)がある」ということを前提として受け入れ、そこから自分がどう反応しているか?というところに焦点を当てている。自分の心の反応を客観的に見ていくことで心を鎮め、「ムダな反応」をしないように気持ちをコントロールしていく流れ。

 

それらをブッダの教えから説いている。といっても宗教色はあまり無く、どちらかというとカラダを意識した科学的な感じが強い。(マインドフルネス)

 

良く知られるが人間は「七つの欲求」で突き動かされており、それらを求め続ける「満たされない心」が常にある。この心の状態をきちんと見ることで「ムダな反応」から抜け出す。

自分は寝る前に日記を書いている。思い返すと、よく最後に「このままでは駄目だ」と書いていた。何度も書いてるもんな~。進歩しねーなと自分に嫌気が指していたが、そもそも心は、そういうものなんだろう(満たされない心)ということが分かって嬉しい。

もう一つのそもそもそういうものなんだろうは世の中。

米国はシリアにミサイルを発射するし、アベノミクスは成功しているのか分からないし、年金がもらえるのか分からないし、地震で死ぬかもしれないし、職場で嫌な人と一緒になるかもしれないし、一生孤独かもしれないし・・・。人が生きていくうえで、問題が無かった時代なんてなかったんだろう。世の中そういうもんなんだろうなとも思えた。そんな先行きが見えない中、人は結婚して家を建てて子供を育てて仕事をしているんだろうな。皆そんな中で頑張っているのだ。

 

自分は「ムダな反応」が多く不安で何もできなかった。そこを気付かされた。

 

ここからは、そもそもそういうものなんだろうという心をそもそもそういうものなんだろうという世の中で、どううまくコントロールしていくかだろうな。 

 

 悩みはまだそこにあるのだけれど頭はスッキリしている。この本の効果だ。ありがとうございました。