座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

占い師にでも見てもらおうか?

いつもはそうは思わないけれど、帰省直後の休日は孤独感が強くなる。俺は独りで何をしているのか?何をしようとしているのか?と。

思えば東京に来て7年。前半の4年は会社の寮だったので孤独感はそんなになかった。3年前寮を出て全く知らない土地に単身やって来た。それでも当時はSNS全盛で、前の会社の仲間や田舎の友達ともつながっている感じがしていた。「これで寂しくない!」小学校の同級生までつながっていた。これからどんな時代になるのか?凄いな!と思っていた。

 

それが最近は、その勢いが衰え、記事を投稿する人も一部の人のみになって来た。自分もほとんど投稿しなくなっている。SNS以前の時代に戻っている気がする。ブログ(前やってるやつね)を書いていても面白く無い。

飲み会の数も減った。帰省時に飲みに行く友達との会話も合わなくなった。メールやLINEでやりとりする女の子もほとんど居なくなった。皆、少しずつ変化していっている。それぞれの生活を生きているのだろう。自分は止まっているのか?後ろを見ているのか?寂しい。

 

何か新しいことを初めて新しい仲間を作ってと思うけれど中々動けない。歳をとると経験則が邪魔をしているのか昔より腰が重くなっている。テニスもな~。今年からMatchi.comをやってるけれど登録しているだけでやる気がしない。婚活イベントも1年半は行っていない。休日はテレビを見ているだけ。ネットサーフィンしているだけ。ただただ歳を重ねるだけ。結婚して子供作って親孝行しなければと思うけれど何からしたものか?行き詰っている。このまま東京に居るのか?この仕事でやっていけるのか?どうしたものか?自分がどうしたものか?

 

占い師にでも見てもらおうか?44歳おじさんがそんなことを考えている。