座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

たとえ二回目でも初めてとは大違い

5月末に駆り出された現場に早くも再び駆り出された。「やだな~」と思っていたけれど行ってみて気付いたことが有る。

あれだけ緊張して苦手な思いがあったのに、二度目になると、それが「結構薄らいでいた」ということ。あれだけ苦手意識があった都心のスタイリッシュな構造物、さっさと歩いていくオシャレな都会人達が「そうでもない」と感じられた。

「慣れ」というものは凄い。たとえ二回目でも初めてとは大違いだと思った。

 

色々と悩んでいる新入社員達にも参考になるのではないか?社会人になって初めての環境に戸惑って「仕事辞めたい~」と抵抗が生じるのは自然なこと。先輩たちが凄い環境で普通に仕事しているのを見て「あぁ・・・自分には無理だ~」と、いう気持ちは少しし待った。「先輩が凄い」以前に、彼らは単に「慣れているだけ」なのかもしれない。だから自分も少し我慢して慣らしてみてはどうか?

 

しばらく経っても同じ気持ちなら動けばいい。そう思う。

自分の仕事辞めたい病にもそう思う。自分を客観的に見るべし。