座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

最近観た映画

最近観た映画の感想。

 

1:シェイプ・オブ・ウォーター

半魚人と人間の交流を描いた作品。ETとかよくあるはなしだと思っていたがアカデミー賞を取ったのはどういったところなのか確認したくて観た。

ギレルモ監督こだわりの映像が美しい。障がい者、黒人、同性愛者とマイノリティー側の視点から世界が描かれておりそこが評価されたのかなと思えた。★3.5/5

 

2:デトロイト

1967年にデトロイトで起こったアルジェモーテル事件を描いた作品。監督はハートロッカーのキャスリン・ビグロー

当時、抑圧されていた黒人がデトロイト各地で暴動を起こしており、警察や州兵が鎮圧にあたっていた。その中で「狙撃された」とモーテルに突入する警察。たまたま居合わせた黒人達がひどい目に遭う。への字眉毛の横柄な警察官が腹立たしい。司馬遼太郎の小説「峠」でも感じたけれど血の気の多い若い奴が権力を握るとろくなことが無い。未だに警官の黒人殺しがあるので過去の話ではないなと思える。2時間半は長く辛い。★3/5

 

3:かぐや姫の物語

今年亡くなった高畑勲監督の遺作となったアニメーション映画。

絵の手描き感に製作者の思い「命」を感じられる。人の成長、自然、幸せとは何かと考えさせられた。他のどことも違う平安時代の雰囲気が外国に誇れるなと思えた。終盤思わず涙が出てきた。歌がいいね。★4.5/5