座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

川越プチ旅(1/2)

f:id:hironew080326:20180923115106j:plain

今年の誕生日は前から行ってみたかった川越に行ってみた。

江戸時代の面影を残すといわれる「蔵の町並み」を見てみたかったのだ。

 

f:id:hironew080326:20180923124735j:plain

 

f:id:hironew080326:20180923124529j:plain

 

f:id:hironew080326:20180923121345j:plain

 

f:id:hironew080326:20180923121805j:plain

実際に行ってみると、このように常に車が往来する街道で、道の両端を観光客が歩行するといったせわしい所だった。川越市がここの観光を推すのであれば、「歩行者天国」にして欲しいと思った。

ちょっとがっかり。

 

歩き疲れたので早めにホテルへチェックイン。そのまま寝るのはもったいないので夜になって「川越温泉」に行ってみる。

f:id:hironew080326:20180923123607j:plain

お湯は低温炭酸温泉でぬるい。そこをじっくり入って疲れをほぐすそうだ。確かに15分ほど入ってると体が軽くなった気がした。

 

行きはタクシーだったが、帰りは歩く。夜風が心地よい。

 

ん?

ホテル近くまで戻ってくると何か違和感を感じる。

f:id:hironew080326:20180923124016j:plain



f:id:hironew080326:20180923124030j:plain

電線におびただしい数のムクドリが留まっていた。なぜかここだけに集中している。

こういう予想外の風景に出会えるのが旅の魅力かな~