座標終生

素晴らしきかな人生にしたいおじさんのつぶやきです。

自虐的歴史観からの脱却(日本人の誇り)

 

日本人の誇り (文春新書)

日本人の誇り (文春新書)

 

 

数学者の藤原正彦氏が最近の日本に憂いて書いた本。

「最近」といっても初版は2011年でちょっと前。尖閣諸島で中国の船が日本の船に体当たりした事件の一番ピリピリしていた頃だ。買った本は14刷、帯に30万部突破!!とある。結構読まれている。日本人の多くが思うところがあるのだろう。

 

内容は、東京裁判以降「自虐的歴史観」を植え付けられ、様々な良い伝統が崩壊している現代日本に「問題提起」と「エール」を送るといったものか。

 

特に印象的だったのは、戦前の満州国設立の部分。当時の満州は荒涼とした大地に馬賊が群雄割拠していて国としての体を成していなかった。だから当時の日本はそこへ進出し、国として整備しソ連の南下に対応しようとしていた。また、現代の価値観でそれは侵略行為と言われても仕方がないと書かれていた点。

今までここの部分がもやもやしていた。なぜ日本が大陸に進出する際、当時の人はそれに反対しなかったのか?と思っていた。今回そこがはっきり書かれていてスッキリした。

 

先の大戦は国と国の利害関係から発生したもので、どちらかが悪でどちらかが善とは言えないだろう。世界恐慌があり、ブロック経済化が進み、疎外され石油を止められた日本は戦争の道に進んだ。あと、当時コミンテルンが数多く工作していたと書かれていた点も初めて知り、勢力争いの血生臭さを感じることができた。

 

白人至上主義の中、アジアで唯一白人に立ち向かい世界中の人々に希望を与えた日本。

通勤で街を移動しているとき巨大なビルや走る自動車を見て「日本は何でこんなに発展できたのか?」と考えることがある。世界には200近く国が在って自動車を作れる国がいくつある?電車を時間通りに走らせる国がいくつある?日本が数少ない先進国になれたのは何なんだろうか。と考えてしまう。

これからわしらは何を守ってどう生きていけば良いのだろうか。

・まずは仕事を誠意をもってやること。

・人種差別をしない堂々とした人間。

・自国は自分たちで守る米国に依存しない。

・近代史を学ぶ。

等々

 最後に、裏にどういった欧米の戦略があるのかは分からないが、こういった本が出版できる自由さは戦争に負けたから得られたものではないか?とも思える。

戦前の日本で権力に批判的なことを書いた本が出版できる自由さはあったのだろうか?

 

何が正しくて何が間違っているのか?自分の足りない頭で考えていくしかないよな。

 

異動ばなし

この十月から異動を命じられた。と言っても都内だけれど。

会社を辞めるのか?親の面倒どうするのか?と色々悩んでいる中、辞め先の宛てが無くなり最近は現実を見られる様になっていたところだ。

今の事務所に来たのが2012年12月だから6年近く居たことになるな。

初めはどうなることかと食欲もなく弱っていたけれど何とか周りの人に支えられてここまで乗り越えることができた。

異動すると最初はキツイだろうなとわかってますよ。分かってるぶん何とかなるだろう。

最近思うことは先に動かないとイイように利用されるということ。自分のしたいことをはっきりさせて進むのだよ。

引っ越ししようかな。

青い画面から抜け出せない

f:id:hironew080326:20180818150455j:image

PCが壊れてしまった。

最近、PCの立ち上がりが遅く、測ってみると10分もかかる様になってしまった。

流石にまずいと思い以下の処理をした。

・Cドライブのクリーンアップ

・ウイルススキャン

・最近落としたアプリのアンインストール

Windowsのアップデートも確認しておこうとコントロールパネルを探していたら?再立ち上げしたら?

気が付いたらこの「キーボードレイアウトの選択」画面となってしまった。ここで適当にIMEなど選んで進むとこうなる。

 

f:id:hironew080326:20180818151123j:image

電源ボタン強制リセットをしてみるが変化なし。

f:id:hironew080326:20180818151619j:image

トラブルシューティングからTOSHIBAのMaintenance Utilityいくとこうとなる。

f:id:hironew080326:20180818151309j:image

どちらもここからリカバリーとなり、ファイルが消える恐れがあるので断念。

 

もひとつの詳細オプションは以下。

f:id:hironew080326:20180818151404j:image

どれもうまく進めず。

 

取説に従い「0押しながら」立ち上げるとこの画面。

 

f:id:hironew080326:20180818152343j:image

 

リカバリー(PCを初期状態に戻す)が必要なんだろう。

ただ、取説に従って操作しても「個人用ファイルを保持する」てのが出てこないので現行ファイルを保存出来ないんだよな〜。

 

取説にはリカバリーしてもドキュメントのファイルは消えないことになっているので、このまま強行リセットで行けるとも思うのだけれども。

今は大事をとって「あんしんサポート」にメール問い合わせ中。直るかな〜。

 

今更ながら、もっとPCの状態に気を回してたらな〜と後悔。

気が付けば古参兵

お題「今日の出来事」

「6月から配属になった〇〇です」

今日は新人の子と現場仕事。まだ慣れていないであろうから作業を見てもらうだけにした。

会社着が真新しい。初々しさが痛い。

 

いつからか自分はすっかり古参側になってしまった・・・。

 

作業が終わり夕方、川沿いの公園で休憩。

バリバリバリ・・・頭上をヘリコプターが飛んでいた。

ドアーズの曲が流れていれば、ヘルメットの顎ひもをだら~とさせた古参兵だ。(もちろんくわえタバコ)

こいつらの中で何人が生き残るのかな~なんて考える。

そういう歳なんだな。

 

最近観た映画

最近観た映画の感想。

 

1:シェイプ・オブ・ウォーター

半魚人と人間の交流を描いた作品。ETとかよくあるはなしだと思っていたがアカデミー賞を取ったのはどういったところなのか確認したくて観た。

ギレルモ監督こだわりの映像が美しい。障がい者、黒人、同性愛者とマイノリティー側の視点から世界が描かれておりそこが評価されたのかなと思えた。★3.5/5

 

2:デトロイト

1967年にデトロイトで起こったアルジェモーテル事件を描いた作品。監督はハートロッカーのキャスリン・ビグロー

当時、抑圧されていた黒人がデトロイト各地で暴動を起こしており、警察や州兵が鎮圧にあたっていた。その中で「狙撃された」とモーテルに突入する警察。たまたま居合わせた黒人達がひどい目に遭う。への字眉毛の横柄な警察官が腹立たしい。司馬遼太郎の小説「峠」でも感じたけれど血の気の多い若い奴が権力を握るとろくなことが無い。未だに警官の黒人殺しがあるので過去の話ではないなと思える。2時間半は長く辛い。★3/5

 

3:かぐや姫の物語

今年亡くなった高畑勲監督の遺作となったアニメーション映画。

絵の手描き感に製作者の思い「命」を感じられる。人の成長、自然、幸せとは何かと考えさせられた。他のどことも違う平安時代の雰囲気が外国に誇れるなと思えた。終盤思わず涙が出てきた。歌がいいね。★4.5/5

眠気で助かった

お題「今日の出来事」

ここ数日は夜間工事の助っ人として夜出勤して朝帰る昼夜逆転生活。この生活にも慣れてきたが、いつも明け方に眠くなる。電車に乗るころに意識が飛んだり戻ったり。幸い最寄り駅に着いたところで起きていたので何とか電車からフラフラと降りた。

 「あぢぃ」

 ムァ~とした熱く重たい空気が身体にまとわりつく。シャツはもとよりズボンの内側も汗でべたつく感覚。不快指数MAXだ。

「去年もこんなに暑かったっけ?」と、意識もうろうとしながら改札を出た。

時間はラッシュアワー。駅は出勤のサラリーマンで混んでいて自分は逆走する感じで歩いていた。

「ち、なんだこいつ~」

ちょうど歩いてきたサラリーマンの進行をさえぎる形になってしまいこういわれた。

「はぁ?なんだとぉ?!」

と、思ったものの、眠気の方が強くケンカする気にならなかった。そのまま顔も確認せずその場を離れた。

皆この蒸し暑さでイライラしているのか。それで思わず口に出したのか。

ただでさえ混雑する電車はストレスなのにプラスこの異常な暑さは危険だ。 

 今回は眠気のお陰で助かった~。明日からも気をつけなきゃな。